事業内容

Magic

「Magic」で作成したシステムの事なら、なんでもご相談ください。

<システム担当者の方>

◆ システムを移行したいんだけど、どうすればいいの?

◆ クライアント/サーバ版が動いているんだけど、、、、リッチクライアント版にアップは難しい?

◆ 処理速度が遅くて、業務に時間がかかる。

◆ 開発元のサポートが打ち切りに、、、、メンテナンスどうしよう。

  • 初めて開発される方
  • 効率の良い開発手法をご検討の方
  • バージョンアップをご検討の方
  • サーバ移行をご検討の方
  • システムとの連携、改造、機能追加をご検討の方

自社・他社で開発したシステムを問わず、新規開発、バージョンアップ、多言語との連携など、なんでも対応できます。

「Magic」とはイスラエルに本社を置く、マジックソフトウェア・エンタープライゼス社が開発した、RAD(Rapid Application Developmentに分類されるアプリケーション開発フレームワークです。

Magicはデータベース・ゲートウェイというミドルウェアを搭載しており、データベースへのアクセス時にSQL等のコードを記述することなく、複数のデータベースプログラムへのアクセスを行うことが可能です。

他の開発言語と比較しても開発効率に優れているため、システム開発におけるコストの削減、導入の短縮化がお客様にご提案するメリットの一つです。

日本システム開発では、1992年よりMagicでの開発に取り組み、現在では約30名の技術者が在籍しています。その内の20名は、Magicにおける開発の認定技術者の資格を有しており(国内No.1)、「Magic」は弊社の代名詞とも言える存在です。

業務アプリケーションにおける歴史と実績も多く、日本システム開発においても、100人月を超える大規模開発をはじめ、多数の実績があります。