企業情報

ご挨拶

「為(ため)に生きる。」

金岡 秀司
代表取締役社長 金岡 秀司

 創業以来、変わらず胸に抱き続けている言葉です。お客様の為に、社会の為に。そして、自分自身の為に。時代の根底に流れるものをしっかりと見据え、人とコンピュータとの関係を絶えず問い続けてまいりました。

 日進月歩のIT業界の中にあって、その基盤となるのは確かな「技術力」ですが、同時に私たちは、「人間力」を培うことにも力をいれ、バランス感覚を備えた企業人の育成にも重きを置いています。

 また、新しい技術や考え方を企業戦略にあった形で取り入れ、柔軟かつスピードを重視した経営によって独立系企業として揺るぎない基盤を築いてまいりました。企業価値を高めるために知的財産の蓄積を重視し、世界が注目する次世代センサ技術に対して継続した開発投資を行うほか、社外の優れた技術に対しても投資、育成し、付加価値の高い無形資産の創造を推し進めています。

 企業環境はますますグローバル化・複雑化しています。絶え間ない最新テクノロジーの習得を続けると共に、資金力・担保力の充実と営業力の強化、パテントの拡充によって経営の総合力を高め、『人とコンピュータが融合した社会づくり』のため、日々、精進・努力を続けてまいります。

 今後とも皆様のご愛顧、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

企業理念

「人づくり」

ものづくりは、まずひとづくりから。

この想いの下にJSDは <共創> <信頼> <真心> の3つの心を持ったひとをつくる、「ひとづくり」を目標にします。

共創-信頼-真心
共創-お客様と共に、もの(システム、サービス)をつくる。社員と共に、JSDをつくる。 信頼-お客様に確実(納期)と安心(高品質)を届ける。営業と技術の強い絆を持つ。 真心-お客さまのために!(人にやさしい商品開発)自分の心に!

情熱がなければ、何もできません。

 JSDのすべてのパワーのもとは、情熱にあります。
その情熱は、本社徳島の「鳴門の渦潮」の力強さ、未来に向かって走り続ける、あくなき挑戦から生まれます。
“情熱”が“3つの心” を持つことを可能にし、そして、この3つの心を持つひとたちをつくること、それがこれからのJSDのテーマです。